外陰部のできもの・かゆみ

外陰部のできもの・かゆみは病気のサインです

女性の外陰部は非常にデリケートな部分であるだけでなく、性交、生理、排尿・排便などの刺激を受けやすい部分でもあります。外陰部のできもの・かゆみなどの症状は、病気にかかっているサインであることが多く、主に性感染症を疑うべきであると考えられます。性感染症はご自身に症状が現れるだけでなく、性交によりパートナーにうつしてしまう危険性もあり、感染しても自覚症状が現れないものもありますので、定期検診を受けてしっかりと予防するようにしましょう。

外陰部にできもの・かゆみが生じる病気

性器ヘルペス

主に性交により、潰瘍などがある部分に接触することで感染する病気です。痛みやかゆみなどの症状が現れます。妊婦が感染すると、出産時に胎児に感染し、新生児ヘルペスを引き起こす可能性があります。

淋病

主に性交で感染する病気で、無症状のことも多いのですが、放っておくと不妊症、流産、子宮外妊娠の原因となることがあります。

毛嚢炎

細菌感染により毛嚢が炎症を起こす病気です。中央に膿を持った赤いできものができ、軽度のかゆみなどが生じます。

トリコモナス腟炎

膣内にトリコモナス原虫が感染することで起こる病気です。おりものから悪臭がするようになったり、黄色から灰色の泡状のおりものが出るようになったりするほか、かゆみなどの症状も現れるため、比較的感染に気づきやすい病気です。

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで起こる病気です。主に性交によって感染し、潜伏期間が長いのが特徴で(3~6ヶ月程度)、外陰部などに尖圭のできものができます。

  • オフィシャルサイト
  • 院長ブログ
  • Web予約
  • オフィシャルサイト
  • 院長ブログ
  • Web予約