子宮がん検診

子宮がんは早期発見・早期治療により根治することが可能です

子宮がんにかかると「月経量の増加」「不正出血」などの症状が現れることもありますが、重症化するまで症状が現れないこともあります。症状をお感じになって検査を受けた時には、すでにがんが進行していたというケースも少なくありませんので、定期検診を受けて早期発見を心がけるようにしてください。
子宮がんの検診は2年に1回、公的負担で受診することができます。なので、最低でも2年に1回、できれば年に1回検診を受けられるようにしてください。子宮がんは早期発見・早期治療により根治することが可能です。

子宮がんの検診

富田林市、太子町、河南町、大阪狭山市、千早赤坂村にお住まいで、今年度対象となっている20歳以上の女性の方は、公的負担で子宮がん検診を受けて頂くことができます。直接当クリニックにご来院されるか、お電話にてご予約ください。受診の際には、保健センターから送付されてきた受診票、健康保険証などをご持参ください。
昨年度対象で検診を受けられなかった方も、保健センターで受診票発行の申請手続きを行えば受診することが可能です。申請には有効期限がありますので、それまでに手続きを行うようにしてください。詳しくは保健センターへお問い合わせください。

  • オフィシャルサイト
  • 院長ブログ
  • Web予約
  • オフィシャルサイト
  • 院長ブログ
  • Web予約