不育症

不育症とは

不育症とは、妊娠はするものの、流産や死産を繰り返し、赤ちゃんを出産することができない状態です。一般的に、2回以上連続で流産・死産した場合に不育症と診断されます。1人目の赤ちゃんが無事に生まれても、2人目、3人目が続けて流産や死産した場合には、「続発性不育症」として検査・治療を行うことがあります。

不育症と不妊症の違い

妊娠を望んでいるのに、なかなか妊娠できない「不妊症」は広く知られていますが、妊娠はするものの、流産や死産を繰り返す不育症はまだまだ多くの方に認知されていないのが現状です。不育症と診断されたからといって、妊娠・出産できないわけではありません。不育症と診断された80%程度の方が、その後、無事妊娠・出産を迎えられています。このことからも、不育症と不妊症は異なることがご理解頂けるかと思います。

不育症の原因

染色体異常
子宮形態異常
感染症
内分泌異常
免疫異常
血液凝固異常
  • オフィシャルサイト
  • 院長ブログ
  • Web予約
  • オフィシャルサイト
  • 院長ブログ
  • Web予約