性感染症

性感染症とは

性感染症とは、性交によって感染する病気のことです。一口に感染症と言ってもその種類は様々で、代表的なものに「性器ヘルペス」「淋病」「クラミジア感染症」などがあります。性感染症の中には不妊症の原因となるものもありますので、少しでも症状を感じたら、すぐに婦人科を受診するようにしてください。再感染を防止するためにも、パートナーと一緒に治療されることをおすすめします。

性感染症が疑われる症状

月経量が増加した
外陰部にできもの・かゆみがある
性器にかゆみがある
性器に不快感がある
性器から悪臭がする
下腹部に痛みがある  
外陰部に痛みがある

上記のような症状がある場合には、性感染症が疑われますので、すぐに婦人科を受診するようにしてください、ただし、性感染症には無症状のものもありますので、少しでも変だなと感じたり、いつもと違う感覚を覚えたりした時も、迷わず受診するようにしてください。

主な性感染症

性器ヘルペス
尖圭コンジローマ
淋病
膣トリコモナス症
クラミジア感染症
梅毒
など

性感染症の治療を受けられる方へ

性感染症は、治療を受ければ高い確率で治癒させることが可能です。症状をお感じになった時には、すぐに婦人科を受診するようにしてください。ただし、投薬治療などを受ければそれで終わり、というわけではありません。必ずその後、性感染症が治癒したかどうか検査を受けるようにしてください。患者様によっては、1回の治療だけでは治癒しない場合があります。

また、ご自身だけ治療を受けても、パートナーが感染していたら、再び感染する場合があります。できるだけパートナーと一緒に治療を受けられることをおすすめします。女性の性感染症は不妊症の原因となることがあり、性感染症が原因の不妊症の場合、妊娠するためには体外受精などの高度な治療が必要となることがあります。ご自身の将来のためにも、パートナーと一緒に治療を受けられて、再感染を防止するようにしましょう。

  • オフィシャルサイト
  • 院長ブログ
  • Web予約
  • オフィシャルサイト
  • 院長ブログ
  • Web予約